あめ細工工房「飴太郎」ちゃんねる 

ようこそいらっしゃいませ。笑顔と幸せはこぶあめ細工の世界へ。・・・見るだけでも楽しい飴細工。子どもたちの見つめるまなざし。「うわぁ!」の笑顔。幸せの瞬間が訪れます。・・・水飴をあやつるあざやかな手さばきが、子どもたちには驚きと笑顔を、そして御年配の方々には子どもの頃に味わったあの感動をよみがえらせます。日本人特有の繊細さと遊び心をかねそなえた伝統のあめ細工。笑顔と幸せはこぶ飴細工です。・・・訪れていただいたあなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように・・・。

にわとりさん

DSC_0316_3
DSC_0317_5

幸せ運ぶ青い鳥。日本伝統のあめ細工で作りました。当店のマスコット、「アメチュン」です。

DSC_0387_1

DSC_0388_3

Hints for Enjoy Life! 日本伝統の手づくり飴細工を作っています。 かわいいあめ細工とともに、笑顔と幸せ、届けます。 家族みんなで楽しいひとときを。 ★80℃に熱した水飴を手にとって、ねってねってまたねって、和ばさみと指先を使ってわずか数分で花や動物の形を作り上げます。 あとでなめてもおいしい、飴細工です。 ★日本伝統の技、のこしておきたい日本の文化、笑顔と幸せ運ぶ手づくり飴細工です。 ★楽しい飴細工作品の無料動画バージョンもご覧ください。 こちらです。 ➡https://www.youtube.com/channel/UCsT1tFL3PYYXDZ9z5U5IpFw

ヘラクレスオオカブト。日本伝統の手づくり飴細工です。

DSC_0379_2

DSC_0380_3

Hints for Enjoy Life! 日本伝統の手づくり飴細工を作っています。 かわいいあめ細工とともに、笑顔と幸せ、届けます。 家族みんなで楽しいひとときを。 ★80℃に熱した水飴を手にとって、ねってねってまたねって、和ばさみと指先を使ってわずか数分で花や動物の形を作り上げます。 あとでなめてもおいしい、飴細工です。 ★日本伝統の技、のこしておきたい日本の文化、笑顔と幸せ運ぶ手づくり飴細工です。 ★楽しい飴細工作品の無料動画バージョンもご覧ください。 こちらです。 ➡https://www.youtube.com/channel/UCsT1tFL3PYYXDZ9z5U5IpFw


平和のひまわりを作りました。日本伝統の手づくり飴細工。ヒマワリは4分で仕上げます。

DSC_0383_1

DSC_0384_3

Hints for Enjoy Life! 日本伝統の手づくり飴細工を作っています。 かわいいあめ細工とともに、笑顔と幸せ、届けます。 家族みんなで楽しいひとときを。 ★80℃に熱した水飴を手にとって、ねってねってまたねって、和ばさみと指先を使ってわずか数分で花や動物の形を作り上げます。 あとでなめてもおいしい、飴細工です。 ★日本伝統の技、のこしておきたい日本の文化、笑顔と幸せ運ぶ手づくり飴細工です。 ★楽しい飴細工作品の無料動画バージョンもご覧ください。 こちらです。 ➡https://www.youtube.com/channel/UCsT1tFL3PYYXDZ9z5U5IpFw


日本伝統の飴細工。今日のあめ細工をご覧ください。

DSC_0400_1

DSC_0401

DSC_0402_2


Hints for Enjoy Life! 日本伝統の手づくり飴細工を作っています。 かわいいあめ細工とともに、笑顔と幸せ、届けます。 家族みんなで楽しいひとときを。 ★80℃に熱した水飴を手にとって、ねってねってまたねって、和ばさみと指先を使ってわずか数分で花や動物の形を作り上げます。 あとでなめてもおいしい、飴細工です。 ★日本伝統の技、のこしておきたい日本の文化、笑顔と幸せ運ぶ手づくり飴細工です。 ★楽しい飴細工作品の無料動画バージョンもご覧ください。 こちらです。 ➡https://www.youtube.com/channel/UCsT1tFL3PYYXDZ9z5U5IpFw



月別アーカイブ
お気に入りに登録
↓ココをクリックすると、このブログをお気に入りに登録できます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あなただけに・・・
プロフィール

兵庫県在住の飴細工師 です。


やさしい語りにのせて、水飴和ばさみ をあやつります。ものづくりの楽しさと驚き、感動と幸せを子どもたちに伝えたいとの思いから、各地で実演をおこなっています。

実演中は、「常に期待以上のモノをつくりたい。」と念じています。お一人おひとりの持たれるイメージ以上の作品ができればいいな、と熱した水飴和ばさみをあやつっています。

子どもたちの健やかな成長を願い、誠実な方々と共に幸せな歩みを進めていきたいと思っています。


私のおすすめ本






  • ライブドアブログ