あめ細工工房 「飴太郎」 

ようこそいらっしゃいませ。笑顔と幸せはこぶあめ細工の世界へ。・・・見るだけでも楽しい飴細工。子どもたちの見つめるまなざし。「うわぁ!」の笑顔。幸せの瞬間が訪れます。・・・水飴をあやつるあざやかな手さばきが、子どもたちには驚きと笑顔を、そして御年配の方々には子どもの頃に味わったあの感動をよみがえらせます。日本人特有の繊細さと遊び心をかねそなえた伝統のあめ細工。笑顔と幸せはこぶ飴細工です。・・・訪れていただいたあなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように・・・。

2013年10月

11月の出店予定をお伝えします。


11月の飴細工出店の予定です。


11/ 2(土) 京都みのりのもり 太秦おどりばマーケット 様
 (京都太秦ランデンプラザ内にて)
11/ 3(日) 大津フォレオ手づくり市 様
 (滋賀県大津市フォレオ前にて)

11/ 9(土) 丹波ハピネスマーケット 様
(兵庫県丹波市柏原町にて)
11/10(日) 丹波甲賀の里軽トラ市 様
(兵庫県丹波市氷上町成松にて)

11/16(土) 京都府立大学 流木祭 様
(京都市左京区 京都府立大学内にて)
11/17(日) 京都府立大学 流木祭 様
(京都市左京区 京都府立大学内にて)

11/23(土) プロムナード青山フェスタ手作り市 様
(滋賀県大津市青山にて)
11/24(日) そのべ軽トラ市 様
(京都府南丹市園部町にて)




※ 出店予定には掲載していませんが、保育園、幼稚園、学校、子供会、福祉施設様での飴細工公演・出店をお受けいたします。少人数の小さな集まりでもOKです。各地域の子どもたちに「ワクワクの笑顔」をお届けします。

予算、内容など、遠慮なさらずにご相談下さい。


このブログには、当方への連絡先はのせていません。実際の飴細工の場面を見ていただき、納得いただいた上でお問い合わせ願いたいとの思いからです。

勝手を言って申し訳ありませんが、お問い合わせ等は、各出店会場にてお配りしています、当方のフライヤー(ハガキ版)をご覧いただき、それに掲載の(PC)メールアドレス、またはFAX宛ご連絡下さい。






10月は、こちらに出店します。



10月の飴細工出店の予定です。


10/ 7(土) 大津フォレオ手づくり市 様
(滋賀県大津市フォレオ前にて)
10/ 8(日) ART&CRAFTふくちやま 様
※出店の予定でしたが、台風18号による、会場付近の水害被害のため中止と決定しました。
被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。一日も早くの復旧を願っています。
なお、出展参加料は、主催者様の方より「義援金」としてご寄付されることとなりました。


10/12(土) 丹波ハピネスマーケット 様
(兵庫県丹波市柏原町にて)
10/13(日) 柏原うまいもんフェスタ 様
(兵庫県丹波市柏原町にて)
10/14(祝) 柏原うまいもんフェスタ 様
(兵庫県丹波市柏原町にて)


10/19(土) EXPO南丹フェスティバル 様
(京都府亀岡市にて)
10/20(日) EXPO南丹フェスティバル 様
(京都府亀岡市にて)


10/26(土) 姫路市フタバ幼稚園バザー 様
(兵庫県姫路市飾磨区にて)
10/27(日) そのべ軽トラ市 様
 (京都府南丹市園部町にて)




※ 出店予定には掲載していませんが、保育園、幼稚園、学校、子供会、福祉施設様での飴細工公演・出店をお受けいたします。少人数の小さな集まりでもOKです。各地域の子どもたちに「ワクワクの笑顔」をお届けします。

予算、内容など、遠慮なさらずにご相談下さい。


このブログには、当方への連絡先はのせていません。実際の飴細工の場面を見ていただき、納得いただいた上でお問い合わせ願いたいとの思いからです。

勝手を言って申し訳ありませんが、お問い合わせ等は、各出店会場にてお配りしています、当方のフライヤー(ハガキ版)をご覧いただき、それに掲載の(PC)メールアドレス、またはFAX宛ご連絡下さい。






月別アーカイブ
お気に入りに登録
↓ココをクリックすると、このブログをお気に入りに登録できます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あなただけに・・・
プロフィール

兵庫県在住の飴細工師 です。


やさしい語りにのせて、水飴和ばさみ をあやつります。ものづくりの楽しさと驚き、感動と幸せを子どもたちに伝えたいとの思いから、各地で実演をおこなっています。

実演中は、「常に期待以上のモノをつくりたい。」と念じています。お一人おひとりの持たれるイメージ以上の作品ができればいいな、と熱した水飴和ばさみをあやつっています。

子どもたちの健やかな成長を願い、誠実な方々と共に幸せな歩みを進めていきたいと思っています。


私のおすすめ本






  • ライブドアブログ