あめ細工工房 「飴太郎」 

ようこそいらっしゃいませ。笑顔と幸せはこぶあめ細工の世界へ。・・・見るだけでも楽しい飴細工。子どもたちの見つめるまなざし。「うわぁ!」の笑顔。幸せの瞬間が訪れます。・・・水飴をあやつるあざやかな手さばきが、子どもたちには驚きと笑顔を、そして御年配の方々には子どもの頃に味わったあの感動をよみがえらせます。日本人特有の繊細さと遊び心をかねそなえた伝統のあめ細工。笑顔と幸せはこぶ飴細工です。・・・訪れていただいたあなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように・・・。

アマビエ

コロナ退散を祈願して、アマビエ再登場。日本伝統の飴細工。

DSC_0070

DSC_0071

Hints for Enjoy Life! かわいいあめ細工。
笑顔と幸せ、届けます。
家族みんなで楽しいひとときを。
コロナ退散祈願!
アマビエを作っている無料動画は、次をポチッとお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=O7fqTZFqOo8

【もし動画を「いいね」と思われましたら、「チャンネル登録ボタン」をポチッとお願いします。 動画をもっと簡単に見れます。新しい動画を見つけやすくなります。チャンネル登録は無料です。】





疫病退散。コロナ終息を祈って、アマビエ第3弾。日本伝統の飴細工。

DSC_0170_2

DSC_0171

DSC_0184_1

Hints for Enjoy Life! 今日の飴細工。家族みんなで楽しいひとときを。
アマビエを作っている無料動画は、次をポチッとお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=r4wBxj2vImY
【関連動画】 アマビエ彫刻展2020 https://www.youtube.com/watch?v=KOYxfJyf6Sc コロナよ鎮まれ! SNSで話題沸騰「アマビエ」 https://www.youtube.com/watch?v=KcOVD80S3Hw




ふたたび、アマビエ登場。日本伝統の手づくり飴細工。


DSC_0165_1

DSC_0166_2

アマビエを作っている動画は、次をポチッとお願いします。
無料です。
https://www.youtube.com/watch?v=J5ePx-_6IEA

【関連動画】 アマビエのお話(疫病退散の妖怪)(保育士/教師向け教材資料) https://www.youtube.com/watch?v=WC6vZrg2yZo




日本伝統の飴細工。コロナ退散祈願。アマビエを並べました。

DSC_0183

DSC_0182_1

日本伝統の飴細工。コロナ退散祈願。アマビエを並べました。

並べた飴細工を映した無料動画は、
次をポチッとお願いします。

https://www.youtube.com/watch?v=XnMK4xNkO5c



ヨゲンノトリで疫病退散。コロナよ、去れ! 日本伝統の飴細工。

DSC_0059

DSC_0060

DSC_0061

疫病退散、コロナ退散。ヨゲンノトリを作っている無料動画は、
次をポチッとお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=NRh-bVulyKM

【関連動画】 いいトコ山梨【#13 ヨゲンノトリで疫病退散】 https://www.youtube.com/watch?v=Q439PRwDxYs 新型ヨゲンノトリ八咫烏の試し揚げ https://www.youtube.com/watch?v=T6TrzZh6jak 「アマビエ」に引き続いて、新しく注目されている生き物です。 名前は、「ヨゲンノトリ」。 黒と白のふたつの頭を持つ鳥です。 安政4(1857)年12月、加賀国白山にあらわれた頭が2つある不思議な鳥のことを言います。 なんと、翌年に流行するコレラを予言し、「私の姿を朝夕に拝めば難を逃れることができる。」と言ったという記録が残されています。 信じる者は救われる。 朝に夕に拝んで難をのがれましょう。



月別アーカイブ
お気に入りに登録
↓ココをクリックすると、このブログをお気に入りに登録できます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あなただけに・・・
プロフィール

兵庫県在住の飴細工師 です。


やさしい語りにのせて、水飴和ばさみ をあやつります。ものづくりの楽しさと驚き、感動と幸せを子どもたちに伝えたいとの思いから、各地で実演をおこなっています。

実演中は、「常に期待以上のモノをつくりたい。」と念じています。お一人おひとりの持たれるイメージ以上の作品ができればいいな、と熱した水飴和ばさみをあやつっています。

子どもたちの健やかな成長を願い、誠実な方々と共に幸せな歩みを進めていきたいと思っています。


私のおすすめ本






  • ライブドアブログ