あめ細工工房 「飴太郎」 

ようこそいらっしゃいませ。笑顔と幸せはこぶあめ細工の世界へ。・・・見るだけでも楽しい飴細工。子どもたちの見つめるまなざし。「うわぁ!」の笑顔。幸せの瞬間が訪れます。・・・水飴をあやつるあざやかな手さばきが、子どもたちには驚きと笑顔を、そして御年配の方々には子どもの頃に味わったあの感動をよみがえらせます。日本人特有の繊細さと遊び心をかねそなえた伝統のあめ細工。笑顔と幸せはこぶ飴細工です。・・・訪れていただいたあなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように・・・。

ドラゴン

日本伝統の飴細工。今日は、赤いドラゴンを作りました。

DSC_0371

DSC_0372

紫色のようにも見えますが、ピンク色のドラゴンです。

Hints for Enjoy Life! かわいいあめ細工。笑顔と幸せ、届けます。家族みんなで楽しいひとときを。
ドラゴンを作っている無料動画は、次をポチッとお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=Yj3DNYdZAEM

【もし動画を「いいね」と思われましたら、「チャンネル登録ボタン」をポチッとお願いします。 動画をもっと簡単に見れます。新しい動画を見つけやすくなります。チャンネル登録は無料です。】


ピンク?ムラサキ?のドラゴンを作った。日本伝統の飴細工。

DSC_0291_2

DSC_0292_1

Hints for Enjoy Life! かわいいあめ細工。
笑顔と幸せ、届けます。家族みんなで楽しいひとときを。
ドラゴンを作っている無料動画は、次をポチッとお願いします
https://www.youtube.com/watch?v=1YrNq8zA-VY

【もし動画を「いいね」と思われましたら、「チャンネル登録ボタン」をポチッとお願いします。 動画をもっと簡単に見れます。新しい動画を見つけやすくなります。チャンネル登録は無料です。】





日本伝統の飴細工。今日は、青いドラゴンを作りました。

DSC_0029

DSC_0028

ドラゴンは、練りこんで白い飴を作り、その上にこれまた練りこんだ青い飴をかぶせて一つの飴とします。 そして、頭部から作っていきます。 羽のひろがっていく様に見ごたえがあります。
ドラゴンを作っている無料動画は、次をポチッとお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=c4FQ0D6pZlw
Hints for Enjoy Life! 今日の飴細工。家族みんなで楽しいひとときを。 【もし動画を「いいね」と思われましたら、「チャンネル登録ボタン」をポチッとお願いします。 動画をもっと簡単に見れます。新しい動画を見つけやすくなります。チャンネル登録は無料です。】




日本伝統の飴細工で、緑のドラゴンを作りました。

DSC_0129_2

DSC_0130_1

今日の飴細工。家族みんなで楽しいひとときを。

ドラゴンを作っている無料動画は、次をポチッとお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=9QAVKVPoI0s






今日の飴細工。かっこいいドラゴンをつくりました。日本伝統の飴細工。

DSC_0106_2

DSC_0107_2

DSC_0108_2

かっこいいドラゴンを作っている無料動画は、
次をポチッとお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=MF378X6GaMc

飴細工の楽しいひとときをどうぞ。 【関連動画】 飴細工 吉原 ドラゴン https://www.youtube.com/watch?v=rEa5QM_6Ukw 飴細工〜龍を作るinよみせ通りわくわく感謝祭 https://www.youtube.com/watch?v=_R6pSCsGxZg
ドラゴンには、2つの形があります。 体の細長い龍のタイプと羽をもった怪獣のようなタイプです。 厳密に区分けをしないで、どちらもドラゴンと呼ぶことが多くあります。 当方では両方ともつくりますが、今回は羽をもった怪獣タイプのドラゴンを作ってみました。





月別アーカイブ
お気に入りに登録
↓ココをクリックすると、このブログをお気に入りに登録できます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あなただけに・・・
プロフィール

兵庫県在住の飴細工師 です。


やさしい語りにのせて、水飴和ばさみ をあやつります。ものづくりの楽しさと驚き、感動と幸せを子どもたちに伝えたいとの思いから、各地で実演をおこなっています。

実演中は、「常に期待以上のモノをつくりたい。」と念じています。お一人おひとりの持たれるイメージ以上の作品ができればいいな、と熱した水飴和ばさみをあやつっています。

子どもたちの健やかな成長を願い、誠実な方々と共に幸せな歩みを進めていきたいと思っています。


私のおすすめ本






  • ライブドアブログ